保険を目的から選ぶ

がんの治療や治療費用にしっかりと備えたい

さまざまな病気の中でも、がんは日本人の死因で最も多い病気です。私たちにとって身近で深刻な病気ですが、医療技術の進歩により、がんは早期に治療すれば治せる病気になってきています。一方で、治療の長期化や多様化する治療法により、治療費用は高額になる場合もあります。万が一の際にも安心して治療に専念できるよう、しっかりとした備えをしておきましょう。

illustration
  • 1日本人の「2人に1人」
    はがんになる可能性あり

    男性の6割以上、女性の5割以上ががんを経験

    一生涯のうちに「がん」と診断されるリスク

    おおよそ2人に1人 男性 65.5% 女性50.2%
    年齢
    男性
    女性
    〜39歳 1.2% 2.3%
    〜49歳 2.7% 6.3%
    〜59歳 7.8% 12.4%
    〜69歳 21.9% 21.2%
    〜79歳 43.6% 32.8%

    (公財)がん研究振興財団「がんの統計2021」年齢階級別罹患リスク(2017年罹患・死亡データに基づく)全がん

    がん研究振興財団が発表している「がんの統計2021」によると、生涯でがんに罹患する確率は、男性65.5%、女性50.2%です。この数字から、がんがめずらしい病気ではなく身近な病気であることがわかります。日本人の2人に1人以上が、がんにかかっているのが現実です。

    女性は30代から、男性は40代から罹患者数が増加

    最新がん統計によると、がんの罹患率は、女性は30代くらいから、男性は40代くらいからがんになる人が徐々に増えているのがわかります。そのため、若いうちからがんに対する備えをしておくことが安心です。

    年齢階級別罹患率[全がん 2018年]

    <横にスワイプすると表示できます>

    年齢階級別罹患率[全がん 2018年]

    出典: 国立がん研究センターがん情報サービス「がん統計」(全国がん登録)

  • 2がんは治療して治す時代に

    がんは、以前は不治の病として考えられていましたが、医療技術の進歩により、現代ではがんは治療して治す病気へと変わってきています。

    がん診断後の5年相対生存率は64.1%

    がんと診断された人が、その後どれくらい生存しているかの目安になる数値の1つが「5年相対生存率」(がん以外の原因による死亡などの影響を取り除いた生存率)です。最新がん統計では、5年相対生存率は男女計で64.1%(男性62.0%、女性66.9%)(※1)となっています。

    また、部位によって相対生存率には差があります。たとえば、前立腺がん、乳がん、甲状腺がんなどは90%以上です(※1)。がんになっても早期に適切な治療を行えば、長く生きられる可能性が高いとわかります。

    がんを克服するためには、安心して治療が受けられる環境を用意しておくことが大切です。

    (※1)出典: 国立がん研究センターがん情報サービス「がん統計情報 1.統計情報のまとめ」
    2009~2011年にがんと診断された人の5年相対生存率

  • 3がんの平均入院日数

    がんは治療すれば治る病気とはいえ、どれくらいの入院期間になるのでしょうか?

    入院日数の平均は17.1日

    illustration

    厚生労働省が行った患者調査によると、2017年度(平成29年度)がん患者の平均在院日数は17.1日です(※2)。1996年度(平成8年度)の調査では46.0日であったため(※2)、約20年の間に医療技術の進歩もあり、半分以下に減っていることがわかります。

    現在がんの標準治療は、手術、薬物療法(抗がん剤治療)、放射線療法の3つです。このうち、薬物療法と放射線療法は通院によって行うことが多くなっています。がんになっても、長期間の入院は必要なく、通院治療期間の方が長くなっています。

    (※2)出典: 厚生労働省ホームページ
    (https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kanja/17/dl/toukei.pdf)

  • 4がんの治療は長期化している(通院日数等)

    がん治療の平均入院日数は減少傾向にありますが、通院治療の場合は、長期化する可能性があります。がんの治療は入院よりも通院がメインになると考えておきましょう。

    がん患者の約6割が通院治療

    がん治療での入院・外来の受療率(10万人)

    がん治療での入院・外来の受療率(10万人)

    出典:「平成29年 患者調査」(厚生労働省)統計表より(https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kanja/17/dl/toukei.pdf)よりなないろ生命で作成

    上記のグラフより、がん患者のうち入院治療を受けている人は約4割で、約6割の人は通院しながら治療を受けていることがわかります。

    通院は長期間になることも

    illustration

    がんの薬物療法と放射線療法は、通院で行われます。治療期間は、がんの種類や進行の度合いによっても変わりますが、長期間に及ぶこともあります。なお、治療が終わっても再発のリスクもあるため、定期検診に通わなければなりません。

    がんの通院は、長く続くことがあります。がん治療に専念するためには、通院が長期間に及んでも毎月かかる治療の自己負担費用をまかなえるように保険への加入等でしっかりと備えておくと安心です。

  • 5「がん」の治療費について

    日本には公的医療保障があり、病院での治療費は健康保険によりカバーされ、70歳未満の人なら自己負担は原則3割です。自己負担額が一定額を超えると、高額療養費制度により超えた金額は払い戻しが受けられます。高額療養費制度を使用したとしても、発生する自己負担費用分に対して賢く合理的に準備することが大切です。

    トータルで100万円超もめずらしくない

    illustration

    がんで治療費がかかっても、健康保険と高額療養費制度で自己負担額はある程度まで抑えられます。しかし、かかる費用は治療費だけではありません。たとえば、病院までの交通費や入院の際の備品代、差額ベッド代、ウィッグ代などは公的医療保険の対象外です。

    また、標準治療以外の治療(先進医療等(※3))を選択すると、治療費は全額自己負担となります。先進医療を受けた場合、かかる費用はトータルで100万円以上になることもめずらしくありません。

    (※3)出典: 「令和3年6月30日時点における先進医療Aに係る費用」(厚生労働省)(https://www.mhlw.go.jp/content/12401000/000861354.pdf)

  • 6がん治療にかかるさまざまな費用にしっかりと備えておくと、安心して治療に専念できます

    がんになったら治療費用以外にもさまざまなお金が必要になるため、公的医療保障だけでは不安があります。また、がん治療は入院よりも通院がメインとなり、治療期間も長期間になりやすいため、入院保障中心の一般的な医療保険では、がん治療に対しての備えという点では不安が残ります。

    がん治療に備えるためには、がん保険への加入がおすすめです。実際に治療にかかった費用が給付される「診療報酬点数連動タイプ」、診断でまとまった一時金が受け取れる「一時金タイプ」など、がん保険の中にも給付に特徴があるため、ご自身に合った保険を準備されることをおすすめします。

    私たちにとって身近な病気であるがんの治療に対して、しっかりと備えができていると安心です。

N-B-23-0081(230516)

そんな方におすすめの保険商品はこちら!

まとまった一時金で
がん治療に幅広く備える
シンプルながん保険

がん治療にかかる
自己負担を
合理的に備える保険